1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 埼玉県の介護求人 > 
  3. 川口市の介護求人 > 
  4. 社会福祉法人 鳳凰会 香の里の看護師求人 > 香の里をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

社会福祉法人 鳳凰会

香の里

( 特別養護老人ホーム )

編集部が取材しました

見学の下調べ

個別に寄り添う「ユニットケア」の実現には、介護スタッフによる家族的なサポートはもちろん、家庭環境に近いハード面も重要です。2017年春にオープンしたユニット型特養「香の里(こうのさと)」では、暮らす側と働く側の視点を大切に、理想の施設づくり・働きやすい職場づくりに取り組んでいるんだとか。さっそく見学に行って、取り組みをチェックしていきます。

形 態
特別養護老人ホーム
所在地
埼玉県川口市/草加駅
定 員
入所定員90名 ショートステイ10名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
「香の里」があるのは、埼玉県川口市安行小山。東武スカイツリーライン「草加駅」西口からバスに乗り、「横道」バス停から歩いて4分程の場所です。玄関では、介護主任の阿津澤さんが、笑顔で迎えてくれました。「駅から少し遠いですが、大通りに面しているから車通勤しやすく、すぐ隣にはコンビニもあって便利な立地です」と、阿津澤さん。マイカー通勤者が多いんですか?
無料駐車場
「施設の裏には広い職員用駐車場が2つあり、無料で利用できるため、マイカー通勤者が多くいます。ガソリン代は、月額2万円まで支給があるんですよ。事前に現場に伝えておけば、昼休みの外出は自由なので、買い物に行ったり、車内でくつろいでもOKです」。
玄関ロビー
では、さっそく施設内へ。新しい施設だけあって、どこもかしこもピカピカですね。「ありがとうございます。当施設が目指しているのは、『自宅のようなくつろぎ』。内装は、和テイスト・木のぬくもりを感じるインテリアとなっていて、家庭的な空間を意識した設計となっています」と、阿津澤さん。
受付
受付横には、入居者様向けの献立表ボードがありました。メニューが豊富ですね~!「こちらの管理栄養士が腕によりをかけて、おいしさや栄養バランスはもちろん、見た目にもこだわった食事を毎日手作りしています。スタッフは、食事補助があり、1食200円で食べられるんですよ」。月に一度はイベント食があり、スタッフの皆さんも楽しみにしているんだとか。
ユニット
お次は、ユニットを案内していただきました。キッチン周りも整っていて、家庭と変わらない雰囲気ですね。「ええ。使い勝手が考えられたシステムキッチンで、IHヒーターや、食器洗い乾燥機まで付いています。スタッフが毎日使う場所だからこそ、こだわっているんです」と、阿津澤さん。
ユニット
介護記録などは電子化しているんですか?「はい。業務効率とプライバシーを考え、各ユニットにPCを導入し、書類関係はほどんどPCで管理しています。入居者様一人ひとりの生活リズムが記された『24時間シート』もいつでもPCから確認できるから、個別ケアに取り組みやすいです」と、阿津澤さん。
居室
お次、居室を案内していただきました。「居室のナースコールは、こちらのスマートフォンと連携するシステムが組まれていて、どこの居室から呼出しがあったのか、表示画面に通知されます。各ユニットには2台のスマートフォンを置き、手の空いているスタッフが素早く対応できるようにしています」。
スタッフステーション
スタッフステーションでは、多職種の皆さんが話し合いをしていました。「オープン間もない施設なので、多職種で意見を出し合いながら施設づくりに取り組んでいます。現在は7ユニット稼働していて、全10ユニットのフルオープンを目指して引き続きスタッフを募集しています」と、皆さん。
ユニット
「こちらは、無資格・未経験で入職した介護スタッフです」と、紹介してくれました。初めての介護の仕事はどうですか?「ユニット型の施設なので、良い意味で施設らしさがなく、家庭にいるような感覚で入居者様と向き合えています。無資格・未経験者のための『資格取得支援制度』も整っていて、初任者研修の費用を施設に負担してもらえるんですよ」と、介護スタッフさん。
ユニット
入職後は、どんな教育サポートが受けられるのでしょう?「介護主任の私や、各ユニットリーダーが中心となり、新人さんの隣に付きながらマンツーマンのOJTを行っています。施設内研修も充実していて、管理職が講師を務めたり、外部から講師を招いたり、さまざまなテーマの研修を毎月1回は開催しています」と、阿津澤さん。
ユニット
最後は、多職種の皆さんが集まってくれました。あれ?制服は統一されていないんですか?「はい。当施設では、職員が入居者様にとって家族的な存在になれるよう、私服勤務をしています。上は、襟付き・無地であれば、自分の好きなものを選んでOK。私服勤務によって、より家庭的で温かいサービスにつながっているんです」と、皆さん。今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。家庭的なサービスにこだわるユニット型特養、どうでしたか?
ハード面がすごく整っていて、各ユニットの設備を見ても、業務のシステム化を見ても、新しい時代の介護施設という印象を受けました。無資格・未経験者の活躍も多く、経験者だけでなく、固定観念のない未経験者の意見も大切にしながら、理想の施設づくりに取り組んでいるそうです。
――無資格・未経験から入職された方は多かったですか?
はい。「資格取得支援制度」が整っているので、初めて介護の仕事にチャレンジしている方が多くいました。継続的な成長を促す「スキルアップ制度」もあり、ユニットリーダー研修や、実務者研修の受講、介護福祉士の資格取得を目指す際も、応援してもらえるそうですよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
主任としては、体制を整えてフルオープンさせることが一番の課題とおっしゃっていました。なので、オープニングスタッフと変わらない気持ちで、「一緒に施設をつくっていきたい」という方に入職して欲しいそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
見学ではお会いできなかったのですが、ケアマネージャーさんや相談員さんがとても元気な方達で、いつも職場の雰囲気を明るくしてくれているんだとか。職種間の壁もなく、どの職種とも気兼ねなくコミュニケーションが取れる職場だそうです。

こんな人にピッタリ!!

  • オープン間もないキレイな施設で、理想の職場づくりに取り組みたい方
  • 無資格・未経験から介護の仕事にチャレンジしたい方