1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 東京都の介護求人 > 
  3. 足立区の介護求人 > 
  4. 株式会社 明昭 ガーデンフィールズとねり公園Big Bell の看護師求人 > ガーデンフィールズとねり公園Big Bell をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

株式会社 明昭

ガーデンフィールズとねり公園Big Bell

( サービス付き高齢者向け住宅 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

未経験から介護職に挑戦する場合、どのような職場を選ぶと、スムーズにスキルアップができるのでしょうか。訪問介護に携われるサ高住「ガーデンフィールズとねり公園BigBell」には、介護福祉士が多く活躍していて、専門性の高い先輩から指導が受けられる分、新人の成長スピードが速いんだとか。さっそく見学に行って、その実態をチェックしてきます!

形 態
サービス付き高齢者向け住宅
所在地
東京都足立区/舎人公園駅
定 員
79名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
「ガーデンフィールズとねり公園BigBell」があるのは、日暮里・舎人ライナー「舎人公園駅」から徒歩10分程の閑静な住宅街。一般的な集合住宅と変わらない雰囲気で、街並みに自然と溶け込んでいます。玄関で迎えてくれたのは、サービス提供責任者を務める中川さん。未経験スタートでも順調にキャリアを重ね、入職4年目から現職を任されているんだとか。
エントランスロビー
玄関を入ったエントランスロビーも、住まいを感じるくつろぎ空間。入職後は、訪問介護の仕事に携わることができるんですよね。「ええ。所属先は『ヘルパーステーションめいしょう(訪問介護事業所)』ですが、当施設専属の訪問介護職員として働けるので、事業所ではなく施設に通勤して、各居室の訪問介護にあたっていただきます」。仕事は訪問介護でも、1つの施設内で働けるのですね。

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

食堂
食堂で、介護スタッフの年間研修プログラムを見せていただきました。毎月いろいろなテーマの研修が計画されていますね。「そうなんです。介護技術に特化した内容はもちろん、感染対策や接遇マナーなど、働く上で大事なことを幅広く網羅しています。事業所共通の研修プログラムなので、グループの他施設のスタッフと一緒に学ぶ機会もあるんですよ」。
研修風景
先日開催された研修の写真を見せていただきました。学びの場が充実しているから、介護福祉士率が高いのでしょうか?「それもありますし、生活援助から身体介護までを1人でこなす仕事内容や、キャリア開発に励む仲間が身近に多いことなども影響していると感じます。私自身も、働きながら試験勉強に取り組む先輩の背中を見て、頑張ろうと思いました」と、中川さん。
スタッフ専用ルーム
中川さんにはいつものユニフォームに着替えていただき、訪問介護計画を立てているデスクに案内していただきました。どんな利用者様が多いですか?「自立している方もいますが、『医療法人社団苑田会グループ』と密に連携しているので、医療ニーズのある方も受け入れています。ケアプランの内容はさまざまですが、ほとんどの利用者様が往診・訪問看護サービスを利用しているので、医療面での安心感は大きいです」。
スタッフ専用ルーム
利用者様に急変などが起きた際は、どんな対応をしていますか?「こんな風に、緊急時の報告連作先を順序立てたマニュアルを作成して、適切な対応が取れるようにしています。当施設は、苑田会グループの『愛里病院』が協力病院なので、万が一の時にも、24時間迅速に受け入れてもらえるんですよ」。
居室
つづいて居室を案内していただきました。利用者様が不在の時も、居室で行う仕事はありますか?「はい。食堂でくつろがれている時間や、ご家族との外出、デイケアなどに通われている間に、居室の掃除やベッドメイクを行います。身体介護だけでなく、日常生活援助に携わることも多く、買い物に同行することもありますよ」。仕事の幅が広いですね~。
食堂(入居者様用)
入居者様用の食堂へ伺うと、新人さんが中川さんのもとへ相談にやってきました。「入職後は、先輩の訪問に同行しながらOJTを受けられるのですが、一人立ちした後でも、不安があれば先輩を頼って大丈夫。一般居宅への訪問介護の場合、仕事で困ったことがあっても、すぐに助けを求められませんが、サ高住専属の訪問介護なら、近くに多くの仲間がいるので心強いです」と、中川さん。
入居者様用食堂
訪問介護の魅力って、どんなところでしょうか?「1人ひとりの利用者様とじっくりと向き合う中で、家族のような信頼関係を築いていけるところです。介護に関する専門的な知識・技術の向上はもちろんですが、関わる時間がしっかり取れるので、コミュニケーション能力や、接遇マナーなども磨かれ、人間的な成長にもつながっていると感じます」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

浴室
お次は、浴室で機械浴槽を見せていただきました。「個浴もありますが、要介護度の高い方にも入浴でリフレッシュしていただくため、さまざまな機械浴槽を用意しています。当施設では、寝たきりの方の入浴介助も1人で行っているので、介助スキルは確実に上がるはず!未経験の方にはハードルが高く感じるかもしれませんが、私はこのおかげで、介護福祉士の国家試験に合格できたと思っています」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

外観
最後は施設外観を紹介していただきました。「施設らしくない建物もここの特徴で、見学や、面接に来た方が、この施設をなかなか見つけられなかったりするんですよ」と中川さん。確かに、デザイナーズマンションのような雰囲気なので、施設を探していると、通り過ぎてしまう人もいるでしょうね。今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。スムーズにスキルアップできるサ高住、いかがでしたか?
現在、約20名の介護スタッフが活躍しているそうですが、半数以上の方が介護福祉士の資格を取得していました。しかも、働きながら国家試験に挑んだ方が大半だそうで、合格率も非常に高いそうです。
――介護福祉士の合格率が高い理由は、なぜでしたか?
研修制度が整っていることはもちろん、どんな仕事でも1人で対応できる力が身に付く環境だからでした。寝たきりの利用者様の入浴介助も1人で行うと伺い、少し驚きましたが、専門技術を学んだ上で、無理なく安全に実施しているので、現場からの不満はないそうです。
――では、ここはちょっと、という点は?
利用者様の「生活の自由度」を大切にするため、集団レクリエーションなどは積極的に行わず、個別の外出支援を充実させることで、生活の中で楽しみを感じていただいているそうです。だから、大人数でのイベントやレクリエーションに興味がある方は、あまり向いていないかもしれません。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
より働きやすい職場づくりを目指して、毎月1回はサ高住職員による全体会議を行い、職場に対する意見交換を行っているそうです。サービス提供責任者である中川さんは、全体会議の声をもとに、職場環境を改善していきたいと話してくれましたよ。

こんな人にピッタリ!!

  • 未経験から、スピード感を持って成長していきたい方
  • さまざまな仕事を1人で対応できる力を身に付けたい方