1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 千葉県の介護求人 > 
  3. 習志野市の介護求人 > 
  4. 医療法人社団 愛友会 ケアセンター習志野の看護師求人 > ケアセンター習志野をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 愛友会

ケアセンター習志野

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

介護施設の規模によって、職場の雰囲気は変わってきます。在宅復帰支援はもちろん、認知症対応、看取りケアなど、多くの経験を積みたい方には大規模な施設がオススメです。「ケアセンター習志野」は、入所定員200名、通所定員1日100名の地域最大級規模の老健。職種を超えたチームワークが自慢で、スタッフ間の絆がとても強いんだとか。さっそく見学に行って、その理由を見つけてきます!

形 態
介護老人保健施設
所在地
千葉県習志野市/新習志野駅
定 員
入所200名(認知症専門棟49名) 通所100名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
「ケアセンター習志野」があるのは、「新習志野駅」北口から歩いて10分ほどの場所。敷地内は緑が豊かで、玄関前には施設のシンボルである「ヤシの木」が抜群の存在感を放っています。玄関で迎えてくれたのは、介護主任の佐川さん。「ようこそ!私は当施設のオープニングスタッフなので、職場のことはよ~く知っています。今日はたっぷり、自慢の職場を紹介させてくださいね」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

玄関ロビー
玄関ロビーには、「優勝」という大きな文字と、豪華なトロフィーと賞状が飾ってありました。一体何で優勝されたんですか?「所属している上尾中央医科グループ(AMG)のバレーボール大会です。各部署からスポーツが好きなスタッフを集めてチームを結成し、近くの体育館で練習を重ねて、見事ブロック優勝を果たしました。もちろん、来年は二冠を狙います!」と、チームメンバーの皆さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

職員食堂
お次は職員食堂で、「いいねカード」を紹介していただきました。どんな取り組みなんですか?「職員間で感謝の気持ちを伝え合うために、『いいね!』と感じた仲間の対応をこちらのカードに記入して、投函しています。忘年会では、いいねカードの表彰式を行い、仕事へのモチベーションにもつなげているんですよ」。人数の多い職場だからこそ、人間関係が希薄にならないよう導入したそうです。
デイケア
デイケアには、毎日100名近い利用者様が通われているんだとか。フロアも広くて、活気がありますね!「そうなんです。地域の在宅療養者はもちろん、当施設を退所された方もこちらでリハビリの継続を希望される方が多いため、毎日ほぼ定員に近い利用があります。施設内には、関連の『訪問看護ステーション』を併設しているので、退所後の医療サポートも万全です」と、佐川さん。
デイケア
デイケアの一角に、リハビリスタッフの皆さんが集まってくれました。介護施設にしては、大所帯ですね~。「リハビリ科には、PT、OT、ST合わせて約25名が在籍し、入所中から在宅復帰後の継続支援まで、長期にわたる関わりの中で、多様なリハビリニーズに応えています。ここ最近は、在宅復帰率40%以上を維持し続けているんですよ」と、皆さん。それは素晴らしい!

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

入所フロア
入所フロアで、山本介護看護部長を紹介していただきました。職種を超えたチームワークが施設の自慢だそうですね。「ええ。何に対しても多職種協働で取り組み、支え合い、学び合い、高め合っています。当施設では、入所者様やご家族に『満足度アンケート調査』を行っているのですが、職員の対応が毎回高く評価されているんですよ」と、山本介護看護部長。
入所フロア
入所フロアのレクリエーションスペースでは、介護スタッフさんが体操プログラムを行っていました。「当施設では、介護スタッフもリハビリに積極的に取り組み、自立支援を意識した関わりを大切にしています。また、医療ニーズの高い方、認知症が重度な方、看取りを希望される方もいらっしゃるため、さまざまな症例に携わりながら成長していける環境があるんです」と、佐川さん。
スタッフステーション
スタッフステーションを覗くと、週に1度のケアプラン会議が開催されていました。「入所フロアは、3つの一般棟フロアと、認知症専門棟フロアに分かれていて、介護スタッフはもちろん、ケアマネージャー、看護師、リハビリスタッフも、フロア担当制にしています。ケアプラン会議では、多職種で構成されたフロアメンバーが集まり、それぞれの視点から意見を出し合って、支援計画を見直しているんですよ」と、佐川さん。
入所フロア
つづいて、小さなお子さんを持つ介護タッフのお2人を紹介していただきました。仕事と子育ての両立は上手くいっていますか?「はい。介護部門は、約6割が女性なので、産休・育休取得実績も高く、子育てサポートも充実しています。子どもに手がかかるうちは、夜勤を免除してもらえるだけでなく、3パターン用意された時短勤務の中から、家庭に合った勤務時間を選択できるんです」と、お2人。
入所フロア
新人さんへの教育体制はどうですか?「入職後は、全フロアをローテーションしてから配属先の希望を出せるため、自分のやりたい介護に取り組める環境があります。OJTにはプリセプター制度を導入し、1対1の丁寧な指導を行っていますし、施設内研修も充実しているので、経験に自信のない方や、ブランクのある方、介護の仕事に初挑戦したい方なども安心です」と、お2人。
入所フロア
最後は、多職種の皆さんが集まってくれました。大規模な施設で働く魅力を教えてください。「職員配置が手厚いため、残業がほとんど発生せず、シフトの希望が通りやすいのが大きな魅力です。大規模な施設でも、入所者様とじっくり向き合える家庭的な環境を大切にしているため、ゆったりとした雰囲気の中で、マイペースに働けると思います」と、皆さん。今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。チームワークが自慢の大規模な老健、いかがでしたか?
大規模なだけでなく、多機能なサービス体制を築いて、在宅復帰支援、退所後のリハビリ、認知症ケア、看取りなど、幅広い介護経験を積むことができる環境が整っていました。スタッフ数も多いので、賑やかな活気があり、どのフロアも明るい声や笑顔が飛び交っていました。
――見学をしていて、印象に残った取り組みはありますか?
仲間に感謝を伝え合う「いいねカード」は、人間関係をより円満にし、たくさんの良い影響をもたらしていました。新人さんが先輩の対応を見習えたり、誰かに褒められたことでモチベーションが上がったり、スタッフ一人ひとりが良い対応を意識することで、入所者様の満足にも繋がっていましたよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
働きやすく、職員定着率が高いため、介護看護部長としては「新しい風を吹き込む積極的な職員」を増やしていきたいそうです。教育体制が充実しているので、介護の仕事に初めて挑戦したい方も大歓迎だそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
3パターンの時短勤務は、「保育園のお迎えに間に合う勤務時間で働きたい」というママの声から誕生したそうです。9:00~16:00、9:00~17:00、8:30~16:30から、家庭に合った時間を選べるそうですよ。

こんな人にピッタリ!!

  • チームワーク抜群の大規模な老健で働きたい方
  • 未経験から、さまざまな介護スキルを身に付けていきたい方