1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 埼玉県の介護求人 > 
  3. 川口市の介護求人 > 
  4. 社会福祉法人 川口長生会 とわの郷の看護師求人 > とわの郷をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

社会福祉法人 川口長生会

とわの郷

( 特別養護老人ホーム )

編集部が取材しました

見学の下調べ

「とわの郷」は、平成28年4月にオープンしたばかりの特別養護老人ホーム。洗練された和風旅館のような特徴的な外観で、利用者様に快適に過ごしていただける設備やケアを徹底追及しているとのウワサを耳にしました。開業からまだ数カ月しかたっていないので、働くスタッフさんの雰囲気も気になるところです。では、早速行ってきま~す!

形 態
特別養護老人ホーム
所在地
埼玉県川口市/新井宿駅
定 員
100名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
目指す『とわの郷』は、埼玉高速鉄道の新井宿駅、戸塚安行駅から徒歩15~20分ほどの場所にあります。出迎えてくださったのは介護スタッフの橋本さん(左)と事務スタッフの鈴木さん(右)。「マイカー通勤のスタッフが多いのですが、東川口駅からならスタッフ専用の送迎バスがあるので、電車通勤も楽ですよ。では早速ご案内します!」
地域交流スペース
玄関ロビーを入ったすぐ横には、カラオケも設置されたスペースが。とっても広いですね。「ここは、入居者様はもちろん、地域の皆さんにも開放されているんですよ。会議や催し物など、自由に使えるスペースです。今後は地域の皆さんにどんどんアピールして、利用頻度を増やしていきたいと考えています。入居者様も一緒に楽しめる機会が増え、施設そのものがより活性化しますから」と鈴木さん。楽しい空間になりそう!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

ユニット入口
続いて、3階のユニット『はなみずき』の入口にやってきました。工夫が凝らされた装飾です。「のれんも灯籠もスタッフの手作りなんですよ」と橋本さん。え、そうなんですか!「器用なスタッフが多いので、みんなでアイディアを出しながらいろいろなものを手作りしています。楽しいですよ」。
共同生活室
続いて共同生活室に案内していただきました。「各フロアにある共同生活室は、入居者様の憩いの場です。私たちも一緒にいろいろお話をします。スタッフ同士のミーティングも、こうして入居者様を見守りながら随所で行ったりもするんですよ」と橋本さん。大きな窓の外には、京都の旅館をイメージして作られた中庭があって、とってもおもむきがありますね~。
共同生活室
共同生活室の一角には、キッチンも完備されています。「私たちスタッフのサポートを受けながら、入居者様がここでお皿やお茶椀を洗ったりすることもあります。女性の入居者様は、主婦だった頃の感覚もよみがえるのか、皆さんとても楽しそうにやっていらっしゃいますよ」と、ここから案内に加わってくださった小野田さん。一般家庭のキッチンみたいだから、アットホームでいいですね!
浴室
続いてご案内いただいたのは浴室。ここもきれい!「個浴用のバスルームが、各ユニットに2つあります。脱衣所を挟んだつくりになっているので、何かあった場合、スタッフ同士ですぐに声をかけあえるので安心です。また、特殊浴槽も、各フロアに完備されているんですよ」。新しい施設なので、どこもピカピカで清潔。スペースにも余裕がありますから、お世話もしやすそう。

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

廊下
設備が充実していることはもちろん、スタッフの皆さんがとても明るくて、活き活きと仕事をしていることも素晴らしいですね!「本当に明るいスタッフばかりなので、ストレスなく仕事ができます」と橋本さん。鈴木さんは「施設側がスタッフの声を尊重してくれるので、意見が出しやすいこともうちの特徴。皆でよりよい施設づくりに参加していますよ」とのこと。

創意工夫を伺う独自の取り組み

居室
続いて、利用者様を移動させる「トランス」という動作の実践練習風景を見せていただきました。「介護施設での勤務は初めての方でも、当施設はベテランスタッフが多いので、丁寧な指導を受けることができます。なんでも聞いてくださいね!」と橋本さん。空いている居室を利用してこうした練習ができるのも、入居率にまだ余裕のあるオープンしたばかりの施設ならではのメリットかもしれませんね。
休憩室
ところで橋本さん、ランチなどは皆さんどこで食べているのですか?「休憩室で食べています。それほど広いスペースではありませんが、快適に過ごすができますよ。もう少ししたら、オフィス用のおやつセット『オフィスグリコ』も導入予定なんですよ。これも現場の声から実現したんです」。
菜園
最後にご案内いただいたのは、敷地内にある小さな菜園。「ここで入居者様と野菜や花を育てています。これ以外にも、普段の生活を楽しんでいただくため、近所のスーパーやファミリーレストランへも出かけたりしています。」と橋本さん。素晴らしい施設に、充実の設備、そして家庭的で温かなケア。介護の仕事の奥深さとやりがいを実感できた施設見学でした。スタッフの皆さん、今日は本当にありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。オープンしたての魅力的な施設、いかがでしたか。
まずはハード面に驚きました。外も中も、本当に洗練された和風旅館のようで、素晴らしかったです。また、随所に工夫が見られますし、何よりスタッフの皆さんが元気でとても活気があるところがステキだな、と思いました。
――働く環境としてはいかがでしょう。
給与水準も高いですし、教育もしっかりしています。介護のプロをきちんと育て、長く働ける環境づくりに力を入れているところにも好感が持てました。採用に関しては、経験よりも人間性や介護の仕事への興味を重視しているそうです。
――では、ここはちょっと、という部分は?
オープンしたばかりで、施設づくりそのものにも皆が協力して取り組んでいますので、「完璧に整った環境で働きたい」という方には向かないかもしれません。でも、自分も意見を出しながら積極的に介護の仕事に取り組みたい、という方なら、本当にやりがいが大きな職場だと思います。
――最後に、ここだけの話をお願いします。
外観が特徴的なので、「旅館?スーパー銭湯?」と尋ねられることもあるそうです(笑)。それから、入居者様と外食に出かける「外食レク」の際、一番人気なのは何とファミレスのドリンクバー。利用者様のほほえましいお話もたくさん聞かせていただき、楽しかったです。

こんな人にピッタリ!!

  • 最新設備が整った、新しい施設で働きたい方
  • アイディアを出しながら、よりよい環境づくりに携わりたい方