1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 埼玉県の介護求人 > 
  3. 川口市の介護求人 > 
  4. 医療法人社団 武蔵野会 グリーンビレッジ安行の看護師求人 > グリーンビレッジ安行をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 武蔵野会

グリーンビレッジ安行

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

転職先を選ぶ時、「働きやすさ」はもちろんですが、「働きがい」も重要なポイント。その両方が満たされてこそ、職場に対する満足感が生まれますよね。戸田中央医科グループが母体の「グリーンビレッジ安行」が目指しているのは、“利用者様にもスタッフにも長く愛される施設づくり”なんだとか。施設オリジナルの取り組みを積極的に行い、高い職員定着率と、高いリピート利用率をキープしているそうです。一体どんな取り組みをしているのか、さっそく見学に行ってチェックしてきます!

形 態
介護老人保健施設
所在地
埼玉県川口市/戸塚安行駅
定 員
入所定員150名(うち認知症50名) 通所定員50名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
「グリーンビレッジ安行」があるのは、埼玉高速鉄道「戸塚安行駅」から徒歩約15分の立地。職員送迎バスも運行していますが、東京外環道沿いで車の便がよいので、マイカー通勤のスタッフが多いそうです。敷地内には緑がたくさんあり、「植木のまち・安行」らしい、豊かな自然環境が魅力。玄関で迎えてくれたのは、相談員の平野さん(写真左)と、介護スタッフの石島さん(写真右)。今日はよろしくお願いします!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

チャボヒバの木
まずは、施設のシンボル「チャボヒバの木」を紹介していただきました。「安行周辺は、土質が良い上に起状に富んでいて、『植木のまち』として長い歴史があるんです。このチャボヒバの木は、地主さんから寄贈されたものなのですが、樹齢からして江戸時代に植えられたと考えられているんですよ」。すご~い!この木のように、大きく成長していけるよう願いを込めて、施設広報誌も「ちゃぼひば」と名付けたそうです。
玄関ロビー
玄関を入ると、高瀬施設長にばったり遭遇。「高瀬施設長は、現場の声にしっかり耳を傾けてくださる方で、スタッフとの距離がとても近いんです。だから日々働く中で、利用者様のために実現したいこと、気持ち良く働くために改善したいことなどを、きちんと意見として伝えられます」と、お2人。例えばどんな意見が通りましたか?

創意工夫を伺う独自の取り組み

玄関ロビー
「毎年の恒例の『風船飛ばし』のイベントは、スタッフの声が形になった一例です。園芸クラブで育てた花の種を風船に付け、利用者様が書かれた絵手紙を添えて、屋上から飛ばすんです。5回目を迎えた昨年は、約250個の風船を飛ばして、4通のお返事が届いたんですよ!利用者様もとっても喜ばれていました」。素敵な取り組みですね〜。
音楽療法
あれ?どこからともなく素敵な歌声が…。「入居フロアで、音楽療法が始まりました。当施設では、音楽大学を卒業したスタッフが『音楽療養士』として活躍しているんです。自分の得意なことを利用者様へのケアに活かせるのは、大きなやりがいですよね」と、お2人。施設では、料理、園芸、書道絵手紙、手芸などのクラブ活動も盛んで、それぞれの分野が得意なスタッフが中心となって活動しているそうです。
談話スペース
各フロアには、利用者様とじっくり向き合える談話スペースがあります。「私は相談員ですが、介護スタッフをサポートしたいから、現場で利用者様の見守りを積極的に引き受けているんです。お年寄りが好きなので、とても楽しい時間だし、介護スタッフも助かるようで、お互いにWin-Winなんですよ」と、平野さん。それは素晴らしいチームワーク!
施設庭園の畑
お次は、緑いっぱいの施設庭園を紹介していただきました。「当施設の園芸クラブは大人気で、たくさんの利用者様が参加しています。利用者様のニーズに応えて、植える花の種類を増やしたり、野菜を育てたり、いろいろ楽しんでいるんですよ。今年はここに畑を作って、もっと本格的に野菜づくりに励むつもりです」。安行の土壌なら、野菜がスクスク育ちそうですね~!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

駐車場
「ドライバーの下重さんは、当施設の名スタッフ!手先が器用で、必要なものを何でも作ってくれるんです」と、紹介してくれました。今までどんなものを作ってもらいましたか?「イベントで使う小道具は、ほとんどお願いしています。特に傑作だったのは、利用者様に初詣気分を味わっていただくための『安行神社』や、夏祭りで使用した本格的な『神輿』。この前の避難訓練では、車椅子用のスロープまで作ってくれました」と、お2人。

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

スタッフステーション
スタッフステーションでは、利用者様の情報を多職種で共有しています。最近の在宅復帰率はどうですか?「開設から約10年が経ち、在宅復帰される方と、終末期を迎える方とで二極化しています。老健は在宅復帰を目指す施設ですが、『最期までここで暮らしたい』というニーズが年々増えているんですよね。私達としても、長く寄り添ってきた利用者様を最期まで支えていきたいという想いが大きく、数年前から『看取りケア』にも取り組んでいるんです」と、皆さん。看取りの経験を通して、成長されたスタッフさんが多いそうです。
リハビリ室
つづいて通所リハビリにやってきました。「当施設は、利用者様のリピート利用率がとても高いんです。通所の方が入所に移行されたり、施設退所後に通所を利用されたりするので、とても長いお付き合いができているんですよ」と、お2人。2016年度中には「訪問リハビリ」を開始して、より継続した在宅療養支援に取り組んでいくんだとか。
屋上
最後は眺めの良い屋上に、スタッフの皆さんが集まってくれました。こちらの施設は、職員定着率がとても良いそうですね。「はい。各部門の役職者は、ほとんどが開設当初から活躍するメンバーです。現場のチームワークがとても良く、部署を超えた支え合いの精神が根付いているところが、働きやすさにつながっています」と、皆さん。見学をしていても、皆さんの仲の良さが伝わってきました!今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――利用者様にも職員にも愛される施設を目指している老健、いかがでしたか?
現場の意見を大切にしながら、利用者様のニーズに応えていこうという姿勢を強く感じました。施設オリジナルのイベントや、スタッフの得意分野を活かしたクラブ活動も盛んで、すごく働きがいのありそうな職場でしたよ。
――新人への教育体制は整っていましたか?
はい。「プリセプター制度」を取り入れて、マンツーマンの丁寧な指導を行っていました。施設内研修も定期的に開催していましたし、母体の戸田中央医科グループ(TMG)の合同研修も充実しているんだとか。TMGには、看護師・介護職それぞれにクリニカルラダーが設けらているので、レベルに合った学びができるそうです。
――では、ここはちょっと、というところは?
在宅復帰だけでなく、ニーズの多い「看取りケア」にも取り組んでいるので、看取りに抵抗のある方には向いていないかもしれません。看取りを始めた当初、反対するスタッフもいたそうですが、最期まで責任を持って向き合う経験を通して、賛成派に変わっていったそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
看護部門も介護部門も、一度退職した職員が戻ってくるケースが多いそうです(笑)。それだけ働きやすくて、居心地の良い職場なんでしょうね。

こんな人にピッタリ!!

  • 現場の意見が形になりやすい職場で働きたい方
  • 在宅復帰から看取りケアまで、幅広く学びたい方