1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 埼玉県の介護求人 > 
  3. 久喜市の介護求人 > 
  4. 久喜すずのき病院 リハビリテーションセンターそれいゆの看護師求人 > リハビリテーションセンターそれいゆをwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

久喜すずのき病院 

リハビリテーションセンターそれいゆ

( デイサービス )

編集部が取材しました

見学の下調べ

デイケア施設は、夜勤がないため、日勤のみで常勤として働けるところがとても魅力的! でも、高齢の利用者様が多いので、医療体制が整っていないと働く側の不安は大きいですよね。「久喜すずのき病院(精神科病院)」のデイケア部門である「リハビリテーションセンターそれいゆ」は、医療保険・介護保険あわせて定員180名の地域最大級規模のデイケア施設。医師との連携がとてもスムーズとのことなので、さっそく見学に行って、チェックしてきます!

形 態
デイサービス
所在地
埼玉県久喜市/久喜駅
定 員
180名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
JRと東武伊勢崎線が通る「久喜駅」は、上野や新宿、渋谷へ直通アクセスできる便利な駅。そんな駅の西口から、「久喜すずのき病院」の無料送迎バスに乗ること約5分、病院の正面玄関に到着しました。「リハビリテーションセンターそれいゆ」があるのは、病院F棟のすぐお隣。玄関では、看護チーフの有賀さんが迎えてくれました。「規模の大きい施設なので、見どころ満載です!たっぷり見学して行ってください」。
トレーニングルーム
玄関を入ると、とても開放的なトレーニングルームがあります。天井が吹き抜けになっていて、パワーリハビリマシーン、ウォーターベッドなどの設備も充実。「あちらで手を振っているのは、作業療法士の杉長さんです。当施設では、体操、音楽療法、クラブ活動など、さまざまなリハビリプログラムが充実しているので、作業療法士が大活躍しているんですよ」と、有賀さん。トレーニングルームの奥は、高齢者デイケア「こはく」フロアがあります。
2F精神科デイケア「すみれ」
2Fへ上がり、精神科デイケア「すみれ」フロアにやってきました。「施設内は、高齢者デイケア、精神科デイケア、3つの重度認知症デイケアに分かれていて、介護保険と医療保険のデイケアがあります。こちらの精神科デイケアは、利用者に応じてレクリエーションプログラムを作成して、カラオケ、園芸、お散歩など、それぞれの利用者に適した個別プログラムを提供しています」。
裏庭の畑
つづいいて、園芸プログラムで活用している裏庭の畑に案内していただきました。ここでは何を育てているんですか?「小松菜、ミニトマト、じゃがいも、白菜、ネギなど…、季節ごとにいろいろな野菜を育てています。収穫した後は、利用者様と調理レクを楽しんで、みんなで美味しくいただいているんですよ」。食育にもとても力を入れているそうです。

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

医師による診療
3Fの重度認知症デイケアの一角で、久喜すずのき病院の医師よる診療が行われていました。「ここは医療保険適用なので、精神症状や行動異常が著しい認知症の方が対象となっています。医師が診察を行い病状を把握してくれるので、私達の安心につながっています」と、有賀さん。利用者様のデイケア参加中はすぐに医師が対応できる体制が整っているんだとか。

創意工夫を伺う独自の取り組み

スタッフルーム
「医療サポート以外にも、法人内で助け合う“BASIC SUZUNOKI”という取り組みがあります」と、有賀さん。一体どんな取り組みなんですか?「職場の共有パソコンから、それぞれの部門の成功事例・疑問を共有して、みんなの悩みを解決しているんです。直接質問に行きにくい部門のスタッフとも、院内ネットワーク上なら気軽に相談し合えるので、すごく良い取り組みだと思います」。へぇ~、面白い!
エレベーターホール
見学中、慌てた様子の介護スタッフさんが駆け寄ってきました。「保育室から子どもが熱が出たという連絡があったので、様子を見に行ってもいいですか?」。「もちろん。今日は早退して、お子さんのそばにいてあげて」という2人のやりとり。突然の早退にも理解があるんですね~。「はい。育児経験者が多いから、『お互いさま』の精神があるんです。当施設は夜勤がないので、小さなお子さんがいる方もたくさん働いているんですよ」と、有賀さん。
親睦イベント
お互いを思いやり、支え合う、仲の良い職場ですね。「ありがとうございます。本当にアットホームで職員同士の仲が良く、先日もみんなで“ぶどう狩り”に行って来ました。日曜日と祝日が固定休だから、職場のイベントも開催しやすいんですよね」と、写真を見せてくれました。職員同士の交流を深めるイベントは毎年恒例で、お子さんの参加もOKだから、いつも大人数で楽しんでいるそうです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

1Fロビー
「どうしても紹介したいスタッフがいるんです」と紹介していただいたのが、送迎スタッフの松田さん。約10年もドライバーとして活躍していて、その気さくで飾らない人柄から、スタッフからも利用者様からも大人気なんだとか。「松田さんがいるだけで、その場がパッと明るくなって、まさに当施設のムードメーカー。利用者様とのコミュニケーションも、とってもお上手なんですよ」。
玄関前
いろいろ見学しているうちに、利用者様のお見送りの時間になりました。こんなに大きなマイクロバスで送迎しているなんて、定員180名となると、送迎が大変そう~。「そうですね。でも、“送迎隊”という送迎時間のみのパート職員を雇用しているので、常勤スタッフはかなり助けられています」と、有賀さん。入浴時間のみの“入浴隊”も活躍しているそうです。
救急カート点検
最後は、看護師さんによる救急カートの点検風景を見学させていただきました。「当施設には、医療依存度の高い利用者様もいらっしゃるので、いつ何が起きても対応できるよう、万全の体制を整えています。救急カートの点検は毎月2回実施しており、この後、看護師ミーティングを開催しています」と、有賀さん。普段から緊急時に備えていて、素晴らしいですね!今日はありがとうございました。

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――病院隣接のデイケア、いかがでしたか?
デイケアと聞くと介護保険のイメージがありましたが、こちらは病院が隣接しているので、医療保険適用のフロアも混在する珍しいタイプの施設でした。重度の認知症の利用者様も受け入れていましたが、病院との連携体制がとてもしっかりしているので、安心して働ける環境だと思います。
――どんなスタッフが活躍していましたか?
夜勤なし、日曜・祝日が定休日という勤務条件なので、家庭を持っている方が多かったです。職場の保育室を利用しながら、小さなお子さんを育てながら働いている方もいましたし、長い育児ブランクから復帰した方もいました。
――では、ここはちょっと…というところは?
特に見当たらなかったのですが、看護チーフの有賀さんとしては、利用者様がゆっくり着替えられるように脱衣室のスペースを拡げたいそうです。そういった現場からの要望に対して、法人はすぐに応えてくれるそうで、近いうちに改修工事を検討しているそうですよ。
――最後に、ここだけの話を一つお願いします。
入職後は、とても手厚い新人研修カリキュラムが用意されているから、精神科の知識がない方、デイケアが初めての方でも、安心して働ける環境でしたよ!

こんな人にピッタリ!!

  • 日勤のみのデイケア勤務を希望している方
  • 仕事と子育てを両立したい方