1. 介護の求人・転職トップ > 
  2. 神奈川県の介護求人 > 
  3. 横須賀市の介護求人 > 
  4. 医療法人社団 哺育会 ハートケア湘南・芦名の看護師求人 > ハートケア湘南・芦名をwebで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 哺育会

ハートケア湘南・芦名

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

上尾中央病院グループの「ハートケア湘南・芦名」は、湘南の海が目の前に広がる立地はもちろん素晴らしいのですが、それだけでなく、職種の垣根を超えて全スタッフでさまざまな取り組みを行う「多職種チームケア」が魅力的なんだとか。さっそく見学に行って、どんなチームワークなのか、どんな雰囲気なのか、この目で見てきたいと思います。

形 態
介護老人保健施設
所在地
神奈川県横須賀市/逗子駅
定 員
入所者150名(認知症専門棟40名) 通所46名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関
JR「逗子駅」からバスに乗り、葉山御用邸をはじめとする別荘地を走り抜けること約30分。「芦名」バス停で下車して海沿いを10分ほど歩くと、目指す「ハートケア湘南・芦名」に到着しました。出迎えてくださったのは、介護主任の岩崎さん。海風が気持ちよくて、本当にすばらしい立地ですね!「施設の中から見える海もステキですよ。ゆっくり見学していってくださいね。さあ、どうぞ!」。

裏付けられた”自信”を聞く職場自慢

テラス
「ではまず、とっておきの場所にご案内しますね」と岩崎さんが連れてきてくださったのは、テラス。何もさえぎるものがないので、目の前に海がドーン! うわあ、最高ですねー!「この施設は、入居者様にとっては生活の場であり、私たちスタッフにとっては働く場。だからこそ環境の良さって大切だと思うんです」と岩崎さん。確かにこの眺めがあれば、疲れやストレスも吹っ飛びそう。
受付
海を見て、テンションが上がったところで施設内に。受付カウンターにはきれいなお花が飾ってあります。「これはね、居宅介護支援事業所のケアマネージャーが趣味で生けたものなんです。季節ごとにこうして飾ってくれるので、私たちもこれを見るたびにすごく和むんですよ」と岩崎さん。入居者さんや面会に来たご家族も、これを見るとほっとするでしょうね。さりげない心づかいがいいですねー。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

ロビー
ロビーにはこんな水槽も!目の前に海が広がり、施設内には熱帯魚がいるなんて、本当にステキ。水槽内もとてもきれいに手入れされています。また、施設は窓が多くてお日さまの光が室内にたくさん入るので、水槽がキラキラ輝いていて、まるで海の中にいるみたい。仕事でちょっと疲れても、これを見れば元気になれそう!なんて、ここで働く自分の姿を想像しちゃいました(笑)。
廊下
「そうそう、熱帯魚だけじゃなくて、鳥もいるんですよ」と岩崎さん。廊下から見える中庭には、何と鳥の巣箱が。飼育しているわけではなく、時々ここにやってくる数種類の鳥のために、スタッフが巣箱と餌を設置したのだそうです。廊下には、やってくる鳥の種類がわかる写真と説明書きも貼られていました。
リハビリフロア
ロビーに隣接する1Fのリハビリテーションフロアにやってきました。窓がたくさんあるので、フロアからも海が見えます。「施設周辺の環境がとてもよいので、お天気のよい日は積極的に外にお連れして、リハビリスタッフと散歩を楽しんでいただいています」。確かにこの素晴らしい環境は、リハビリへの意欲にもつながりそうです。
リハビリフロア
リハビリ部門では、在宅復帰率50%を目標に、取り組んでいるのだそう。「そのためには、職種を越えた連携が欠かせないので、まめに情報交換してます」と岩崎さん。早速、言語聴覚士さんと情報交換が始まりました。成果は着実に上がっているそうで、以前は30%程度だった在宅復帰率も、50%に近づいてきているそうです。
リハビリフロア
「また、褥瘡予防にも力を入れているんです。スタッフ全員が協力し合って体位交換をまめに行ったり、車椅子にクッションを入れるなど工夫をしています。以前は褥瘡の方がとても多くて私たちも悩んでいたのですが、2012年に外部講師を招いた勉強会を開き、なおかつ皆で知識を深めた結果、2013年からは、褥瘡による病院受診ゼロが続いているんですよ」とのこと。素晴らしい取り組みと成果ですね。チームケアと学びの大切さを痛感しちゃいました。

創意工夫を伺う独自の取り組み

会議室
会議室では会議をやっていました。何の会議ですか?「年に4回、利用者さんやご家族、地域の方向けに日常の介護に関する『公開講座』を行うことになり、先日第1回目を開催しました。それぞれの専門知識を活かしながらよりよい講座にしようと、ひとつのテーマについて全職種でミーティングを何度も行っていて、今日もそのミーティングなんですよ」。
公開講座
どんなテーマの講座なんですか? 「先日の講座のテーマは『栄養』でした。これがその時の写真です。塩分制限や時短調理など、家庭でできることを管理栄養士が中心となって、参加者の皆さんにレクチャーしたんです。講座のあとは介護相談の時間も設けるなど、随所に工夫をこらしました」と岩崎さん。実際にみんなで食事を作って試食するなど、単なる講義ではなく、実践的な内容に、参加者さんたちの評価も上々だったそうです。開催する側のやりがいもどんどんあがっていきますね。
避難経路
最後にご案内いただいたのは、施設の裏側にある避難経路。「東日本大震災をきっかけに、万が一の場合を想定して避難路を再考しました。海が近いと津波被害が心配。災害はいつ起こるかわかりませんから、さまざまな教訓から、しっかりと避難経路を確保しました」と岩崎さん。岩崎さん、スタッフの皆さん、今日は本当に勉強になりました。ありがとうございました!

医療21のスタッフが聞く
「で、実際のところは?」
見学後記

帰り道
――お疲れさまでした。海辺の老健、いかがでしたか?
まずは眺めの素晴らしさに大感激しちゃいました。「この眺めは最高ですよ」とスタッフみなさんおっしゃるので、自慢のポイントなんだということがよくわかりました。釣り、サーフィン、ダイビングなど、海関連の趣味を持つ方も多いそうですよ。
――多職種によるチームケアについてはいかがでしたか。
多職種による新しい取り組みがどんどん生まれていて、素晴らしいな、と思いました。見学していても職種間の壁など一切感じませんし、とにかくスタッフ同士のコミュニケーションの良さが伝わってくるんです。これだけ専門知識が活かせる環境なら、仕事への意欲もよりアップすると思います。
――なるほど。では、ここはちょっと、という点は?
駅から遠いという点でしょうか。バスで30分、バス停からは徒歩10分ありますから。ただし、通勤時間帯なら逗子駅から施設までの無料送迎バスがあるそうなので、それなら問題なさそうですね。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
とても窓が多い施設なのですが、どの窓もピカピカなんです。見学中、ふと気づくと、業者の方が窓の清掃をしていました。窓が汚れているとせっかくの眺めも半減しますが、こうしてきれいに保たれているので、本当に気持ちがいいですよ。

こんな人にピッタリ!!

  • 多職種とのチームワークを大切にしながら仕事がしたい方
  • 海が好きで、海の近くで働きたい方